Monthly Archives: August 2012

 偉大さの証明

 

 

 

 

 

 アンドレス・イニエスタ

 

 2012欧州最優秀選手選出!

 

 あのリオネル君とクリスティアーノ氏を超える得票数ってすごい。

 

 

 そんな偉大なフットボーラーが

 

 

 ふつうに地下鉄銀座線の吊り革につかまってるってのが

 

 

 さらにスゴイ。

 

 

 

 きっと、

 

 

 

 その自然体な立ち居振る舞いこそが

 

 

 彼の偉大さを証明しているのだと思う。

 

 

 

 

 

 

 そんな

 

 

 グランデ(偉大なる)・イニエスタ に最高のリスペクトを込めて

 

 

 

 今夜はこれで乾杯。

 

 

 

 

 

 「 Corazon  Loco  」      Bodega  Iniesta

 

 

 

 そう、

 

 

 あのイニエスタ・ワインの “赤” です。

 

 

 これを飲みほして僕も、

 

 

 イニエスタの、あの軟体動物かのようなボディバランスを手に入れたいと思います。

 

 

 

 

 

 VIVA   !      Iniesta    !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ビバ !     自然体  !

 

 

 

 

 

 

 

 偉大なるデザイナー

 

 

 

 僕は14歳のころからずっとミッドフィールダーだ。

 

 だからか、

 

 フットボールを観るときにどうしてもミッドフィールダー目線になってしまう。

 

 

 

 ミッドフィールダーは長方形のピッチに絵を描く。

 

 インサイドやアウトサイド、つま先から踵まで、

 

 両の足を巧みに使って

 

 パスという名の線を引く。

 

 

 シャビにピルロにヤットさん ・・・。

 

 彼らが描くデザインに人々は驚嘆し熱狂する。

 

 

 

 そう、

 

 センス溢れるミッドフィールダーとは、

 

 センス溢れるデザイナーでもあるワケだ。

 

 

 

 さらに彼らは、

 

 ボールを失うリスクを恐れない、気高い勇気を胸に秘めた、

 

 偉大なるデザイナーでもあるのだ。

 

 

 研ぎ澄まされたセンスはもちろん重要だが

 

 

 土壇場でものをいうのはきっと勇気の方だろう。

 

 

 

 

 

 

 というワケで

 

 

 

 

 

 偉大なデザイナーによる、こんなシャツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 used   ” GIORGIO  ARMANI “  no collar shirts

 

 

 

 

 

 繊細かつ大胆

 

 

 

 攻める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 情熱をひとつまみ

 

 

 

 

 

 

 情熱の赤

 

 

 入りました。

 

 

 

 

 

 

 BackAlleyOldBoys   ” socrates ” T      limited color

 

 size :  S , M , L

  price :  ¥7,350-

 

 

 

 

 

 

 たまに間違えられるけど

 

 

 チェ ゲバラ ではないよ。

 

 

 

 似てるけどね。

 

 

 

 いろんな意味で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひとつまみの情熱を胸に抱いてみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 200本安打よりも魅力的な何か。

 

 

 

 「 イチロー  4打数3安打 」

 シアトルマリナーズのイチロー選手が先日のアスレチックス戦で4打数3安打の活躍。

 これで打率を .326 とした。

 

 

 

 

 って感じの記事 (※現在はニューヨークヤンキース所属)

 

 スポーツニュースでよく見かけるけど

 

 僕は以前から不思議でしょうがなかった。

 

 だって、このニュースじゃ試合に勝ったかどうか、

 

 イチロー選手がチームにどれだけ貢献したのかが全然伝わってこない。

 

 まるで野球の魅力が個人記録だけにあるかのようだ。

 

 

 

 

 

 

 この夏、香川真司選手がマンチェスターユナイテッドに移籍した。

 

 あの、マンチェスターユナイテッドだ。

 

 しかもリーグ開幕2戦目で早くもゴールを決めた。

 

 しばらくはスタメン出場も続きそうな気配だ。

 

 

 これから日本のメディアの取り上げ方もさらにエスカレートしていくに違いない。

 

 きっと全国のにわかサッカーファンが 「香川情報」 をむさぼり読むことだろう。

 

 

 

 だからである。

 

 

 

 どうかメディアの方々には

 

 香川選手の得点とかアシストとか試合の採点ばかりを伝えるのは

 

 やめてほしいと思う。

 

 

 それよりも

 

 「香川真司」 や 「マンチェスタ―ユナイテッド」 を通してフットボールに興味を抱くようになった人達に対して、

 

 個人成績なんかよりもさらに奥深く魅力的なフットボールワールドにいざなうような

 

 記事を書いてもらいたいと切に願うのだ。

 

 

 

 数多くのにわかファンが近場のフットボールスタジアムの足を運びたくなるような

 

 そんな記事を。

 

 

 

 

 

 

 

 著者近影

 

 

 

 

 used   stripe shirts

  with

  BackAlleyOldBoys   cotton tapered slacks

 

 

 

 近頃

 

 

 ストライプが無性に気になる ・・・

 

 

 そして “パサパサ” スラックス。

 

 

 

 

 

 

 used   stripe shirts

 

 

 ナイスカラー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 身も心も柔らかく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 イエス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 used   silk knit T

 

 

 

 

 

 seca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 Panenka

 

 

 

 本日の一冊。

 

 

 

 

 「 Panenka  」    #09

 

 

 

 

 スペインのフットボール雑誌です。

 

 昨年創刊された雑誌で、

 

 ビジュアルがカッコよくて前から気になってたのですが

 

 なかなか入手困難で今まで読むことができませんでした。

 

 (スペイン語だからほとんど読めないんですが ・・・)

 

 で、これは、スペインに知人のいる友人にもらったのですが、

 

 中身かなり良いです。

 

 特に写真が良いです。

 

 (スペイン語だから記事はほとんど読めないです ・・・)

 

 バックナンバーも全部読みたいです。

 

 (スペイン語だけど ・・・)

 

 

 一応、「 Panenka 」 のホームページで通販できるみたいなんですが、

 

 なんか、よくわからない数字を入力する項目とかたくさんあって、

 

 何度チャレンジしてもうまくいきません。

 

 どなたか入手方法を知ってる人いれば教えてください。

 

 

 

 

 

 

 

 「 Panenka 」 は

 

 知的なユーモアセンスとフットボール愛を感じる、

 

 とてもイカした雑誌です。

 

 こんなフットボール雑誌が日本にもあればな~

 

 と本気で思います。

 

 こういう雑誌が生みだされるフットボール文化があるってステキデスネ。

 

 

 

 

 

 

 と、

 

 いうことで、知的なユーモアセンスを感じさせるこんな古着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 used   cotton shirts

 

 

 ボタンダウン ?

 

 

 

 情熱とユーモアは欠かせない。

 

 

 

 

 どんなことをするにしても。

 

 

 

 

 WOWOWさん、

 

 

 

 

 やってきましたね。

 

 2012-13

 

 ヨーロッパ・フットボールの季節が。

 

 

 日本人的にはどうしても

 

 興味の対象がマンチェスター周辺に偏りそうな感じもありますが、

 

 僕は今季もリーガ・エスパニョーラ中心に観ることになりそうです。

 

 

 

 

 だって

 

 やっぱりイニエスタの変態的なプレーは見逃せないし

 

 なんだかんだいってメッシさんちのリオネルくんはスゴ過ぎるし

 

 プジョル先パイの頭部の乱れっぷりもスゴ過ぎるし

 

 シャビは相変わらずせんだみつおっぽいし ・・・

 

 

 いや、バルサだけじゃなく、

 

 レアル・マドリーのユニフォームは今シーズンもシャレてるし

 

 モウリーニョは久々にベンチでネクタイ締めてるし

 

 バレンシアなかなか良さそうだし

 

 ラ・コルーニャ戻ってきたし (バレロンまだやってるっ!)

 

 

 そして

 

 

 ビルバオ気になるし ・・・

 

 開幕戦ホームで3-5負けって ・・・

 

 おい、責任者呼んでこい ・・・

 

 ・・・。

 

 

 

 

 

 とりあえず

 

 WOWOWさん、もっとビルバオの試合やってください。

 

 べンチのビエルサ監督映してるだけでかなりおもしろいから。

 

 ね、

 

 

 

 WOWOWさん、よろしく頼みますね。

 

 

 

 

 

 で、こんな古着。

 

 

 

 

 

 

 

 used   cotton shirts

 

 

 

 

 胸リブ。

 

 

 

 

 

 

 ナイス。

 

 

 

 続・曲者

 

 

 

 

 どっかのお坊さんがこんなこと言ってた。

 

 

 

 “ 本当に望まない「不足」をも楽しめることこそ真の「風流」であり、 

 

 それができる人が「曲者」と云えるだろう。 ”

 

 

 

 

 それはつまり、

 

 思うようにならない状況をも楽しむ「ゆとり」を持てる人のことだろう。

 

 

 

 

 

 曲者ってカッコいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 曲者

 

 

 

 僕は子供の頃から、

 

 眩しく光り輝く主役よりも

 

 その横で独特のオーラを醸し出す準主役キャラに憧れることが多い。

 

 

 キャプテン翼でいうと岬くん。

 

 ルパン3世でいうと次元大介。

 

 ワンピースでいうところのロロノア・ゾロ。

 

 ドラえもんでいうところのスネ夫 ・・・

 

 いや、  

 

 それはちょっと違う ・・・ 。

 

 

 つまり

 

 ゴレンジャーでいうとレッドではなくブルーだということだ。

 

 

 

 ちょっと曲者ぐらいのほうが

 

 味わい深くて好きだ。

 

 

 

 

 

 

 曲者な古着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 used   cotton B.D shirts

 

 

 雰囲気抜群の生地にクールな襟のかたち。

 

 曲者。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 used   border T

 

 

 

 

 黒のようにみえて実は濃紺。

 

 鹿の子なのにテロッテロ。

 

 曲者。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 みんな大好きFCバルセロナにおいて

 曲者の匂いがプンプン漂うダニエウ・アウベスは

 かなりカッコいい。