Monthly Archives: March 2011

 キングたる所以

 タイトルでピンときた人もいるでしょう。

 そう

 三浦和良選手です。

 先日のチャリティーマッチ

 44歳でトップレベルの試合に出場するだけでも驚異的なことなのに

 まさかのゴール、

 そしてカズダンス。

 

 翌日、試合を観た多くの人が(僕もです)

 「昨日のカズ観た?」    「スゲーよな~」

 と、前日のことを話していたことでしょう。

 でも

 おそらく三浦選手本人は昨日のことはもう胸にしまって

 今日という日、いや、今この瞬間を

 愛すべきフットボールと向き合いながら

 生きてるんだと思います。

 「常に今この瞬間にベストを尽くす」

 これこそが

 いくら時がたっても「キング」と呼ばれる所以ではないでしょうか。

 

 そして僕らも

 いまこの瞬間に生きることができれば

 1センチでもキングに近づけることができるのかもしれません。

 

 ということで

 LOJAでも今この瞬間に古着入荷してます。

 USED   cotton knit T           ¥6090

 USED    cotton  knit       ¥5040

 USED    nylon  coach JK             ¥6090

 USED   nylon  coach  JK              ¥6090

 

 @    LOJA  BACK ALLEY

 その他いろいろ入ってます。

 

 それにしても

  カズさん、 ステキデスネ。

 

 イエローサブマリン

 ビジャレアルのFW ジュゼッペ・ロッシ、

 かなりいいです。

 バルサでもやれそうな感じします。

 要注目です。

 

 「ビジャレアル」とはスペインのプロフットボールクラブで、

 スペインリーグといえばバルサとレアルの天下といった様相を呈してますが

 このビジャレアル、

 いいフットボールをするんです。

 バルサ&レアルのようなスーパーなタレントは多くないですが

 いい意味でくせのある選手が揃っていて

 とてもアグレッシブかつ美しく攻めるチームだと思います。

 なによりチーム全体にチャレンジスピリットが溢れてる感じが

 高感度高いですね。

 小さな町のクラブなのですが

 バルサやレアルのような巨人に果敢に挑む姿には

 心地よい感動すら覚えます。

 

 このチーム、

 ユニフォームが上から下まで(ソックスも)オールイエローなんです。

 そして付いたニックネームが

 「イエローサブマリン」

 カッチョいいです。

 今週末はいよいよ vs バルサ戦です。

 要注目です。

 試合が気になる方はLOJAまでどーぞ。

 

 

 そしてイエローサブマリンな一枚がコチラ。

 OLD パイルシャツ      size Mくらい

 ¥7140    @    LOJA  BACK ALLEY

 

 これまたカッチョいいです。

 果敢に挑んでる感じでてます。

 これであなたもイエローサブマリン。

 ちなみにストリートで全身イエローサブマリンだと

 おまわりさんに声を掛けられる可能性があるので

 こんな感じでサラリとどーぞ。

 住環境

 まったく個人的なことですが

 近頃引っ越しを考えていて

 実際にいろいろな部屋を見に行ったりしているので

 住環境について考える機会が多いです。

 

 建物前の車の交通量とか

 近所に公園があるかとか

 近くにスーパーがあるかとか

 駅まで何分かとか

 日当たりとか

 騒音とか

 ・・・

 もうキリがないです。

 考えれば考えるほどどこがいいのかよくわからなくなります。

 まさに思考の袋小路です。

 それより第一印象が大事なんですよね、きっと。

 「ねるとん紅鯨団」でよくあったあれといっしょです。

 あの「第一印象から決めてました!」ってヤツです。

 あっ、

 30代以上の人にしか理解できなさそうなネタでスイマセン。

 ・・・

 ちなみに、昨日見に行った物件のなかに

 とても印象に残ったところがありました。

 そこは

 近くにこじんまりした感じのいい商店街があって

 小学生の女の子がサッカーボールでドリブルしながら通ってたんです。

 しかもその商店街の先の公園では

 子供達がみんなでストリートフットボールに興じていました。

 思わず「なんだココは?」と目を疑ってしまいましたね。

 「キャプテン翼」の世界にトリップしたかのような光景が

 そこには間違いなくありました。

 

 その時横にいたウチの奥さんに

 「ここの住環境は最高だね。」と右手の親指を立てながら

 さわやかな笑顔で言ったら

 「いや、それは住環境って言わないでしょ。」とひとこと。

 ・・・

 物事の捉え方は人によって違うということを

 改めて学びました。

 捉え方の違いをその人の個性だと認めれば

 世界は穏やかな輝きに包まれます。

 ・・・

 

 どうやら今日は家族会議になりそうです。

 ・・・

 パン

 今日、朝食を食べてるときに

 ふと思い出したのですが

 ブラジルのパンはとても美味しいです。

 もっともポピュラーなパンが、フランスパンなのですが

 あの細長いバゲットを直径15cmくらいに縮めたものを

 ふたまわり程膨らませた感じの形をしてます。

 わかりづらい説明でスイマセン。

 で、中がかなりスカスカで、ぎっしりもっちり好きのような方からすれば

 かなりやる気を感じられないパンに思えるかもしれませんが

 これがウマいんです。

 以前、ブラジルのBAR(バール)の話をしたと思いますが、

 朝から営業してるバールなんかに朝イチで行くと

 できたてホカホカが食べれます。

 フットボールクラブの寮の朝食にももちろんこのパンが出ます。

 というか、このパンしか出てこないです。

 このパンにハムorサラミとチーズをはさんで

 マヨネーズ(ブラジルのマヨネーズって酸味が少なくマイルドでこれまた美味です!)を

 塗ってかるくプレスして食べるともうそこは天国です・・・

 

 でも一番は、焼きたてにマーガリンだけ塗って温かいカフェオレ(もちろんブラジルのもの)を

 飲みながらって感じですかね。

 

 シンプル イズ ベスト です。

 

 あー  食べたい。

 では、

 シンプル イズ ベストな一本を。

  BackAlleyOldBoys       サイドステッチ ダブルカフスピケパンツ

 ¥17850     @    LOJA  BACK ALLEY

 他に オフホワイト、デニム(インディゴ)もあります。

 

 くるぶし丈のテーパードシルエットに

 サイドのステッチワークが効いてます。

 生地はLeeのウエスタコ―ズのようなランダムな畝のコットンピケです。

 雰囲気ありです。

 あっ、ヴィンテージ好きにしかわからない用語がでてきたので

 スル―してください。

 

 

 フットボールにおいても、シンプル イズ ベスト でありたいものです。

 

 フィジコ

 プロフットボールチームには

 必ずと言っていいほど、フィジカルコーチという人がいます。(例外もありますが)

 まあ、書いて字のごとくですが

 選手の、主に体力的な部分の強化・調整を行うコーチのことです。

 もちろんブラジルのクラブにもフィジカルコーチがいて

 みんな体育大学などを出ているからか

 「体育の先生」的なキャラの持ち主が多かったように思います。

 声がでかいとか

 体がでかいとか

 やたら怒鳴るとか

 やたら体を叩くとか

 やたらヘッドロックするとか・・・

 僕がブラジルで初めて所属したチームのフィジカルコーチが

 まさにそんな感じの人でした。

 ちなみに、マイク・タイソンとキングコングを足したような

 顔面凶器の持ち主でもありました。

 そしてなによりこのコーチの練習メニューがきつかった・・

 湖のほとりの砂浜でやるサーキットトレーニングの過酷さは

 今でも思い出すだけで呼吸が苦しくなりそうです。

 炎天下の下、傾斜のある砂浜の上でダッシュしたりジャンプしたり

 ノンストップで50分。

 40分過ぎあたりになると周りのチームメイトの顔が

 みんなラクダに見えてきます。

 み、みず、、、

 水を、、、

 

 さて、

 フットボール選手は腹筋・背筋を日課のように鍛えるのですが

 (最近よく言う体幹トレーニングってやつですね。)

 このコーチ、なぜか選手より鍛えてましたから。

 よく冗談で「いきなりお腹パンチ」とかやるんですが

 まったくビクともしなかったです。

 心も体も鋼のような人でした。

 

 でもこれだけじゃ選手からは嫌われそうですよね、ふつう。

 だって顔は怖いし、練習はきついし、マッチョだし・・・

 ただ、このコーチ

 すごくいい笑顔の持ち主だったんです。

 「笑顔がステキな顔面凶器」という特異なキャラでみんなの人気者でした。

 

 そう、

 笑顔は人の心をほぐしてくれます。

 

 そんなわけでコーチジャケットの紹介です。

 USED   ナイロンコーチジャケット     サイズ:大きくて長い

 ¥6090     @    LOJA  BACK ALLEY

 コットンの裏地付き

 特大サイズをコートのように。

 USED   ナイロンコーチジャケット     サイズ:特大

 ¥5040     @     LOJA  BACK ALLEY

 首リブタイプ

 芝生の様なグリーン。

 

 リスク

 現代のフットボールでは

 攻撃と守備を切り離して考えることはできない

 守り方次第で攻め方も変わるし

 攻めてる時のちょっとした判断のずれがディフェンスにも影響を与える

 すべてのプレーは繋がってるのだ

 

 僕はFCバルセロナのファンではないが

 バルサが見せるフットボールには共感を覚える

 彼等は自分達のゴールを守るためにディフェンスをしない

 相手のゴールネットを揺らす為にひたすらボールを奪いに行く

 

 かのヨハン・クライフは言った

 「一番のリスクとは、リスクを冒さないことだ」

  

 同感。

 もう一度言おう

 すべてのプレーは繋がっている

 

 そしてこれは人生にも当てはまることだ

 あなたと世界は繋がっている

 あなたが悲しめば世界は悲しみに暮れるだろう

 あなたが喜べば世界は喜びに満ちあふれる

 

 そう、

 すべては繋がっている

 リスクに向き合おう

 そして軽やかにリスクを冒そう

 喜びとともに

 

 ではそんなあなたにこんなファニーな一枚を。

 BackAlleyOldBoys    ショールカラーコットンシャツ

 ¥16800      @    LOJA  BACK ALLEY

 シャツなのにショールカラーで八分袖、

 そしてとても柔らかなクシャクシャコットン。

 

 軽やかにいきましょう。

 個性

 今僕らの生きるこの物質世界では

 誰もが完全でありたいと願い憧れます。

 そして自分の欠点にスポットを当てて幻滅したりもします。

 でも人は不完全だから美しいのです。

 自分と向き合い

 個性を磨きましょう。

 

 フットボールについても同じことが言えます。

 

 ジダン氏のシルクの様に柔らかいボールタッチを見れば

 彼の見事なハゲ頭さえ芸術に思えてきます。

 

 ロナウジーニョの圧巻のパフォーマンスの後の

 あの歯ぐき丸出しの笑顔に世界中が魅了されました。

 

 メッシくんの、マンガのキャラクターかのような速さで回転する足の動きを

 からかう人がいるでしょうか?

 だれもが彼を世界一と称賛します。

 

 個性に目を向け磨き続けることで

 欠点は魅力となり輝きだします。

 

 捉え方で世界は変わります。

 

 それでは

 決して LEVI’S501 にはなろうとしなかったであろう

 個性溢れるデニムパンツ達を紹介します。

 USED    WRANGLER  デニムパンツ    w32

 ¥7140    @     LOJA  BACK ALLEY

 バランスのとれたストレートシルエットが秀逸

 USED    Lee  デニムパンツ    w31

 ¥7140    @     LOJA  BACK ALLEY

 程よいテーパードに絶妙な色落ちのブラックデニム。

 イカス。

 USED      LEVI’S 509   デニムパンツ    w33

 ¥7140     @      LOJA  BACK ALLEY

 リーバイス80年代の隠れた名作です。

 美しい・・・。

 みんなそれぞれ

 違った色に光り輝くデニム達です。

 

 そう

 

 欠点さえも美しい。

 

 ジャイアン

 コミュニケーションの真髄はとてもシンプルです

 

 僕は19歳のころ、ブラジルはサンパウロ市から車で約10時間という

 サンパウロ州奥地のフットボールクラブにいました。

 そこで仲良くなった選手がいるのですが

 彼は初対面の時にこれ以上ない笑顔でいきなり

 「おーれーは ジャイア~ン ガ―キだーいしょ~う 」

 と「ドラえもん」のジャイアンのテーマを流暢な(?)日本語で歌いだしました。

 彼は確かにジャイアンに似ていましたが・・・

 もう初対面の緊張や不安といったものが一気にふっとびましたね。

 まさか地球の裏側の片田舎でジャイアンに会えるとは思いませんでした。

 そしてなぜか彼の恋人のことを僕は「ジャイ子」と呼ぶようになりました。

 もちろん親しみをこめて・・・

 

 ときに「ジャイアンのテーマ」は人生を豊かにするようです。

 

 それではジャイアンにも着て欲しいコチラ。

 USED     コットンニットソー

 ¥6090   @   LOJA  BACK ALLEY

 USED  コットンニット

 ¥6090   @     LOJA  BACK ALLEY

 ゆるやかなコットンニット達です。

 心の流れまでゆるやかになれそうです。

 

 他にも古着いろいろ入荷中です。

 

 ジャイアン元気かな・・・

 

 リラックス

 リラックスすることはすごく大切なことだと思います。

 人間生きていれば精神的にも物質的にも追いつめられることは

 何度もあります。

 僕がブラジル生活時代に学んだリラックス法が3つあるので

 一方的に紹介します。

 

 その1 : 美味しく食べる

       誤解してほしくないのですが、なにも贅沢な食事をするといったことでは

       ありません。その時の状況の中で食べれる物を美味しいと思って

       食べるということです。

       コレ以外と効き目あります。

 

 その2 : 歌う

        口ずさむだけじゃダメです。その時思いつく好きな歌、歌える歌を

        大きな声で歌うんです。  

        ほうきをギターにすればなおさらいいです。

        となりに誰かがいるなら一緒に歌いましょう。

        リラックス度も2倍です。

 

 その3 : 笑う

        これがなによりも大事です。

        いきなり人前で満面の笑みを浮かべられない人は

        ひとり鏡の前で 「ニヤッ」 としてみましょう。

        きっとバカらしくて笑ってしまいますから。

        笑うことで解決する事はけっこうあるハズです。

        そういう意味でお笑い芸人の人は偉大だと思います。

 

 以上、何の保障もありませんが僕には効果がありました。

 よかったら試してみてください。

 ちなみにLOJAにこんなリラックスパンツ入荷です。

 BackAlleyOldBoys    イージーパンツ

 ¥13650   @    LOJA  BACK ALLEY

 以前にコーディネートで紹介したパンツです。

 レーヨン/ポリエステル素材でとてもリラックス効果の高い質感とシルエットです。

 他にカーキとネイビーもありますよ。

 

 それではみなさん、

 鏡の前で  

   

 ニヤッ ・・・

     

 

 フッチボールハウス

 このコラムを何度か読んでいる方はご存じだと思いますが

 僕はブラジルのフットボールとその文化にかなり魅せられています。

 きっかけは中学生のときに所属したフットボールクラブ。

 当時はまだJリーグが無く、「日本サッカーリーグ」というのが

 この国のトップリーグでした。

 僕がいたクラブはそのリーグに参加していたとある実業団クラブのジュニアユースチームで、

 トップチームには数人のブラジル人選手がプレーしていたのです。

 僕らの練習場もトップチームの練習場も同じ敷地内にあったので

 彼らブラジル人選手をよく見かけたり、

 たまに向こうから声を掛けてくれるようなこともありました。

 こんな環境だったものだから

 僕の頭の中はカンペキに 「フットボール=ブラジル」 になっていきました。

 

 そんなある日、チームメイトの一人が

 隣町にブラジル直輸入のフットボールグッズショップがあるとの情報を

 仕入れてきたので

 その日の練習の後チームメイト数人でその店にいくことにしました。

 

 行ってみると

 隣町といってもかなりローカルな所で 

 店の地図を持っていなかったら間違いなくたどり着けなかったであろう場所でした。

 店の看板をみると

 「フッチボールハウス」

 かなり怪しい感じがしたのを今でも覚えてます。

 しかし一歩店内に足を踏み入れると

 そこはまぎれもなく宝の山でした。

 少なくとも僕らにとっては。

 ブラジルの様々なチームのユニフォームはもちろん

 シューズ、ボール、etc…

 まるでブラジルに来たかのような感じでした。

 店内の匂いまでがブラジルなんじゃないかと思うほどのインパクトでしたね。

 ただ輸入物ということでどれのいいお値段のものばかり、

 結局好きなチームのソックスだけ買って帰りました。

 

 その後、フットボールグッズへの物欲は徐々に薄らいでいき

 「フッチボールハウス」に行くこともありませんでした。

 でもあのとき買ったソックスはかなりのお気に入りで

 穴が5ケ所は空くまで履いていた記憶があります。

 

 時は流れ

 洋服の仕事をするようになってから

 あのブラジル製のソックスのような雰囲気のものが欲しくて

 あの手この手で探し続けていましたが

 なかなか出会うことができずにいました。

 じゃあ、作ってみてはどうかと思い立ち

 できたのがコチラ。

 BackAlleyOldBoys   「Pe」 ボーダーソックス

  各¥1995    @   LOJA  BACK ALLEY

 

 「Pe」とはポルトガル語で「足」の意。

 当時の本物の足元にも及びませんが

 可能な限りあの雰囲気を再現したつもりです。

 おかげで僕は超ヘビーローテーションです。

 穴5ケ所開くまで履きます。

 

 ちなみにフットボール用のようなロングソックスではないのであしからず。

 

 もう無いのかな、「フッチボールハウス」・・・

 

 行きたいな・・・